環境ブログV 環境ブログW

 神農流通では全農LPガス(クミアイプロパン)需要者7万戸への安全供給のため、神奈川県下に6カ所の
 配送拠点を構え、通年24時間体制でガスの安全使用を管理する保安設備課を設置しています。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーーーーーーーーーーーー


    
             シリンダー容器配送車輌                        バルク貯槽充填車輌

    
           LPガス輸送タンクローリー車輌                       重油配送車輌

    
               軒下のシリンダー容器                       大型物件などバルク貯槽

    
                LPガス充填基地                          24時間保安体制

  ブローカー注意して下さい。

  LPガスは継続的に購入するものなので消費者が購入先を自由に選ぶことが出来ます。だからこそ消費者は
  購入先を慎重に選び、悪質なブローカー等の勧誘に惑わされないようにすることが必要です。最初の価格
  だけに惑わされると、保安や点検といった安全面が疎かだったり、聞いてもいないような値上げになったりと
  大変な目にあいます。社団法人神奈川県エルピーガス協会でも以下のような注意を呼びかけています。

  • ガスの料金調査を称する電話による勧誘には注意しましょう。
  • 勧誘だけで営業実体のない会社もあります。怪しい場合には名刺をもらって確認しましょう。
  • 「格安料金」などのおいしい話には注意しましょう。安定供給や安全管理が疑問です。
  LPガスとは?

  LPガスとは液化された石油ガス(化石燃料の一種)のことです。通常はガス(気体)で使用しますが、普段は
  容器の中で液体の状態で貯蔵されています。本来LPガスには臭いはありません。誤ってガスが漏れた時に
  すぐに気がつくように臭いがつけてあるのです。大変に利便性も良く、災害阪神・淡路大震災の際、LPガスは
  供給が途絶ることも最小限に抑えられたことで優位性も再認識されました。石油、石炭と比べて、
  地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)の排出量が極めて少ないエネルギーでもあります。
  また、土地の侵食や生態系に影響のある酸性雨の主な原因である硫黄酸化物(Soxや窒素酸化物(Nox)を
  ほとんど含んでおりませんので、オゾン層の破壊に繋がる特定フロンに変わる物質として活用範囲も広がって
  います。LPガスは容易に液化でき小型の容器に入れて何処にでも持ち運びが出来ますから、使用場所に
  一番近い“接近燃料”として無駄も最小限に抑えられます。その機能性からも災害に強く、高機能、高環境
  エネルギーといえるでしょう。
  LPガスは現在地球が抱えている環境問題を解決するために最もふさわしいエネルギーなのです。